ado
旅館こうろ
京都の中心、交通便利な旅館こうろの公式HP。ネットで即時予約。

www.kohro.com

LINEスタンプ
若旦那オリジナルキャラのスタンプ販売中。その名も「最悪くん」。

スタンプID:1012712

 
 
旅館こうろの若旦那、フリーダイバー北原達馬のオフィシャルブログ
<< とま郎フェイスブックデビュー | main | とま郎が夏の打ち水・旅館めぐり >>
楽天トラベル「事後カード決済」問題
0
     昨年、ネットエージェントである株式会社リクルートのじゃらんネットが宿泊施設のfacebookページを無断で作成した問題はまだ業界の記憶に新しいところですが、本年は4月よりじゃらんネットに並ぶ大手エージェントである楽天トラベルがまたまたおかしなことをはじめました。

    もともと楽天トラベルでの予約の決済方法には「現地決済」と「事前カード決済」の2種類がありました。

    現地決済はごく普通に旅館・ホテルで直接現金やカードで支払う方法で、楽天トラベルが関与しない決済方法です。

    事前カード決済は予約時にクレジットカードを登録し、予約した宿泊代金をその場でネット決済してしまう方法です。
    もしもキャンセルが発生した場合、規定の取消料の支払いが容易に行えます。

    これらの決済方法に加えて、4月より「事後カード決済」を新設し、支払い制度を変更するという通知がいつもどおりFAXで突然やってきました。

    さて、支払い方法は大別すればネット上でのカード決済か現地での決済かの2通りだったのですが、何故ここで「事前」に対して「事後カード決済」と言う決済のタイミングだけが違うネット決済を追加する必要があったのでしょうか?

    この楽天のたくらみは非常に分かりにくいものでした。

    もう少し変更内容を詳しく見てみると以下のようになります。

    現地決済→変更後:現金決済
    事前カード決済(キャンセル料を自動決済)→従来のまま
    新設:事後カード決済(キャンセル料の引き落としはしません)

    そして宿泊プランの造成の際に設定しなければならない【決済方法】で、実際に設定できるのは「事前カード決済」と「現金決済もしくは事後カード決済」の2パターンのみとなります。3パターンではないのです。
    お分かりになられるでしょうか?つまり、これまで設定出来た「現地決済」という当たり前の決済方法のみのプランは作成できなくなり、施設側は強制的にカード決済を設定させられることになるのです。

    新しく設定された「事後カード決済」ではキャンセル料を引き落としませんとうたっており、お客様が見られる画面で「あんしん決済」などと表示しています。何が「あんしん」でしょうか?
    どう考えてもキャンセルしてもキャンセル料が引き落とされないから「あんしん」としかとれません。
    楽天は事後カード決済においてはキャンセル料の収受に関与せず、お客様のカードからは引き落とさないので、別途やり取りをしてキャンセル料を収受してくれと言うスタンスです。

    つまり、あたかもキャンセル料を支払わなくても良い、あるいは支払いにくいシステムをわざと作って、それを「売り」にクレジットカード利用を増やそうという、もう姑息と言うか卑怯と言うか、情けないアイデアを考え出したのです。
    宿泊施設をバカにしているのはもちろん、お客様に対しても失礼な仕様です。

    これらに対して、業界の各種団体は猛烈に反発しました。

    いつもすばやく動いてくれる箱根の温泉組合の尽力で今回もまずは単独での「現金決済」を設定できるように変更されました。
    しかし、この変更についてもプラン名称に「現金特価」、「現金決済特典」などの文言を入れることを条件にされています。どこまで無理矢理クレジットカード決済に持って行きたいのでしょうか。

    そもそも何故楽天トラベルがクレジットカードの利用額を増やしたいかお分かりになりますか?
    1つはカード決済の手数料収入を増やしたいからです。現在楽天トラベルでカード決済を行った場合、2〜2.5%の手数料がかかります。これはもちろんお客様ではなく施設の負担です。
    そして楽天はその2〜2.5%うちのおそらく半分程度をクレジットカード会社へ支払っているはずです。その差額が利益になります。お客様がクレジットカード決済を選択するだけで利益が増えるのですから、楽天にとっては大変おいしいです。

    2つ目は顧客の囲い込みです。クレジットカード決済には登録が必要です。楽天トラベルでクレジットカードを登録すると、楽天市場など楽天グループ全体で利用できるようになります。
    一度そのようにクレジットカードを登録してしまうとネット決済に対する心理的な抵抗感が弱くなります。また人は手間を省けるにこしたことはありません。同じネットショッピングならカードを登録してある方を使うようになります。
    こういった効果にも期待していると推測されます。

    その後、業界団体、全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会は楽天トラベルに対して協議の場を持つことを要請し、キャンセル料の踏み倒しを助長したり、あたかも支払わなくても良いものであると言った間違った認識を植え付けるような表現を撤回することを要求していきました。
    他にもトランザクションフィーの値上げ、優越的地位の濫用などの問題についても抗議してきました。

    京都の旅館組合青年部でもこれを問題視し、楽天トラベルに抗議(5月19日に内容証明付き文書を送付)、また地元紙への取材依頼などを行ってきました。
    本日京都新聞さんに掲載していただいたのが下の記事です。


    他にも書いていたらキリがないような小細工をしてきています(例えば「現地」決済を「現金」決済に書き換えているなど)。
    我々はそういったことに常に注意を払い、見つけ次第抗議するという無駄な労力を払わねばなりません。お互い無駄な労力のはずです。
    本来もちつもたれつの関係のはずなのですから、もっと建設的なことに協力し合う時間を持ちたいものです。
    ブログランキングに参加中! 人気ブログランキングへ クリック、おおきに。
    【2012.06.02 Saturday 12:18】 author : 北原達馬
    | 業界にまつわる話 | comments(5) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      ブログランキングに参加中! 人気ブログランキングへ クリック、おおきに。
      【2018.08.21 Tuesday 12:18】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
       今日、ネットニュースで同様の記事を見つけて飛んできました。

       しかし、記事ではイマイチ理解できませんでした。
       
       〔記事の公平性とスポンサーへの配慮?か〕

       がここで若旦那を主張を読んで理解しました。

       楽天も本当にアホですね。相手にバレナイと思って

       いるのですかね。こんな小細工をすれば

       楽天自身の信頼に傷つける事は自明の理なのに。

       若旦那が書かれているように、お互いこんな事に

       労力を使わず、東日本大震災以降から落ち込んでいる

       外国人観光客の回復・増加など難問山積み解決に

       知恵を絞れば良いのに。

       常日頃から鋭い感覚を張り巡らせている人がいる

       組織は立派だと思います。

       
      | 空牙 | 2012/06/03 11:50 PM |
      空牙さん
      こんにちは。
      京都新聞に掲載していただいたあと、昨日まさかヤフーのトップページに出るとは思っていませんでした。

      さすがにかなり反響が出そうです。
      私も記事ではどの程度伝わるのか心配していましたが、現時点で約360件ツイートされている内容を見る限り、9割方旅館の主張を支持していただいてます。

      http://twitter.com/#!/search/realtime/http%3A%2F%2Fheadlines.yahoo.co.jp%2Fhl%3Fa%3D20120602-00000011-kyt-l26

      というか、それ以上に楽天が嫌われ過ぎててびっくりしました。
      | kyoto-waka | 2012/06/04 10:55 AM |
      素朴な疑問です。
      楽天カード(株)の商売仇である、他のカード会社はどのように考えてるのでしょうか?

      飯の種を根こそぎ横取りされても、指を加えて見ているのでしょうか?

      貴館とお取引のカード会社は何と言ってますか?

      | とおりすがり | 2012/06/11 8:29 PM |
      とおりすがり様

      こんにちは。すっかり返信が遅くなり、申し訳ありません。

      他のカード会社はまだ何とも思っていないはずです。楽天は利用者を増やそうとしていますが、大手のカード会社からすればまだものの数に入りませんし、カード自体の信頼性が大手には遠く及びません。

      根こそぎ横取りという事態はまだまだ想定していないでしょう。

      それにカードは1人が複数枚所持することも一般的ですので、支払いの内容に応じて使い分けられます。楽天的には楽天グループでの利用額が増えれば当面はそれでいいんだと思います。
      | kyoto-waka | 2012/07/09 1:49 PM |
      楽天市場に出店しているものですが、楽天市場でも同じようなことをしでかしています。

      公正取引委員会へも申し立てを行いました。
      簡単に申し立てができるようになっていますので、どんどん行動して行きましょう!
      | 楽天の店子 | 2012/09/28 3:52 PM |
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://kyoto-waka.jugem.jp/trackback/780
      トラックバック
      QRコード 当ブログは携帯でも見られます。左のQRコードを携帯電話で読みとって下さい。
      ※QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。

      LINEスタンプバナー オリジナルLINEスタンプ販売中