ado
旅館こうろ
京都の中心、交通便利な旅館こうろの公式HP。ネットで即時予約。

www.kohro.com

LINEスタンプ
若旦那オリジナルキャラのスタンプ販売中。その名も「最悪くん」。

スタンプID:1012712

 
 
旅館こうろの若旦那、フリーダイバー北原達馬のオフィシャルブログ
<< 沖縄出張〜大長編〜 | main | 3月から4月にかけての外国人観光客の動き >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    ブログランキングに参加中! 人気ブログランキングへ クリック、おおきに。
    【2018.10.27 Saturday 】 author : スポンサードリンク
    | - | - | - |
    DVD規格争い終結
    0
      JUGEMテーマ:ニュース

      東芝が主体ののHD-DVD陣営とSONYが主導するブルーレイディスク陣営との次世代DVDの規格を争いは、東芝が撤退する形で終止符が打たれることになりました。
      これで次世代DVDはブルーレイに統一されることになります。消費者としてはこの争いがだらだらと続くことは大変不利益なので、これで安心してブルーレイディスクレコーダー・プレイヤーを購入することが出来ます。
      個人的には東芝を応援してたんですけど、内心は初めから負けていると思っていました。「ブルーレイ」って名前にすでに負けてましたよね。

      実はこういった電化製品の開発や新製品には我々旅館、ホテル業も敏感である必要があります。例えばの話、サービスの一環として客室にHD-DVDの再生機を設置していたホテルがあったとすれば、今回の東芝撤退で大変無駄な投資をしたことになってしまいます。

      当館は昨年の秋に全館のテレビを液晶テレビに変えましたが、この際も非常に悩みました。現在薄型テレビは液晶とプラズマが激しくシェアを争っていますが、次世代薄型テレビである有機ELはSONYがすでに昨年11月に商品化しましたし、SED(これまた東芝w)等の商品化も間近に迫っていると思われます。これらの新薄型テレビは液晶やプラズマと比べても薄型で、消費電力や画質と言った点で上回る性能を持っています。客室の空間の有効利用を考えると、テレビのサイズも結構レイアウトに影響を及ぼします。今後、極端に薄い、丸められるくらいペラペラの製品が出てくることもほぼ間違いなく、そうなってくるとテレビも壁に引っかけるだけでよくなります。ちょっと余談ですが「デジタル掛け軸」も出来ると思うんです。好きな柄がボタン一つで選べるという・・・。

      正直に言えば有機ELのテレビを導入したかったのですが、実際の商品化はもう少し先で、大型化や価格低下を待っているとさらに何年かかかると踏んだから液晶テレビの購入に踏み切ったのです。ですからSONYが11月に有機ELテレビを商品化したことにはちょっと驚きました。

      その他、設備に関わる機械や建築素材など、何でも新製品には驚きの性能が備えられていることがありますので、くれぐれも古いものを高く買わされないようにしないといけません(伝統工芸などがダメという意味じゃないですよ)。


      あまり旅館とは関係ありませんが、実は超SFチックな新素材を使用した製品をイギリスに発注しました。無事届けば報告するかも。
      ブログランキングに参加中! 人気ブログランキングへ クリック、おおきに。
      【2008.02.17 Sunday 11:23】 author : 北原達馬
      | 注目のニュース | comments(0) | trackbacks(1) |
      スポンサーサイト
      0
        ブログランキングに参加中! 人気ブログランキングへ クリック、おおきに。
        【2018.10.27 Saturday 11:23】 author : スポンサードリンク
        | - | - | - |
        この記事に関するコメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://kyoto-waka.jugem.jp/trackback/443
        トラックバック
        東芝、HD?DVD事業から撤退へ 購入者への対応どうなるか
        新世代DVDの規格をめぐる主導権争いは、「HD DVD」を主導する東芝が再生機器...
        | あなたと僕の生でダラダラ時事ニュース | 2008/02/18 9:44 AM |
        QRコード 当ブログは携帯でも見られます。左のQRコードを携帯電話で読みとって下さい。
        ※QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。

        LINEスタンプバナー オリジナルLINEスタンプ販売中