ado
旅館こうろ
京都の中心、交通便利な旅館こうろの公式HP。ネットで即時予約。

www.kohro.com

LINEスタンプ
若旦那オリジナルキャラのスタンプ販売中。その名も「最悪くん」。

スタンプID:1012712

 
 
旅館こうろの若旦那、フリーダイバー北原達馬のオフィシャルブログ
<< 17年ぶり | main | 歩きたばこ禁止! >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    ブログランキングに参加中! 人気ブログランキングへ クリック、おおきに。
    【2016.06.04 Saturday 】 author : スポンサードリンク
    | - | - | - |
    スイーツワークショップ!
    0
      昨日は和泉屋旅館さんで行われたスイーツワークショップに参加してきました。
      パティシエさんの指導の元、スイーツを作ってみるという企画です。和泉屋旅館さんではこういった企画を時々行われています。
      今回のテーマは「デザートソース作りとソースを使ったプレートデザイン」です。

      現在、旅館におけるデザートというのは一つの課題になっている、という話は以前にもブログ内でしたような、していないような、そんな気がしますが、とにかくそう言うことですので、今回何かしら勉強になると思って参加しました。
      本当はうちの板場を連れて行きたかったのですが、残念ながら仕事の都合上無理でした。

      今回はデザートソース作りです。実際ソースは手軽に作れます。家庭でケーキを作る際、あまりソースにまで気が回りませんが、ソースを2,3種類用意しておくだけで、ずいぶんスイーツとしてのグレードが上がると思います。

      作ったソースはイチジクのソース、イチゴのソース、チョコレートソース、アングレーズソースです。
      果物のソースは材料さえそろっていればミキサーだけで作れます。チョコレートソースやアングレーズソースは少し手間がかかりますし、失敗する可能性もありそうですが、それでもきちんと手順を守れば特別難しくはありませんでした。

      スイーツワークショップ0

      上の写真はアングレーズソースを作っているところです。アングレーズソースは温度が上がりすぎると卵が固まってしまうので、温度計で温度を確かめながらかき混ぜます。先生は感覚で温度が分かるそうです。

      さて、ソースが4種類出来ると、次はプレートデザインです。これが難しい!お店でケーキを食べると、お皿にソースを使って模様が描かれたりしていると思いますが、それを自分で作ってみるのです。これは芸術的な作業です。センスがないと出来ませんし、技法も色々あるようです。何度も下書きして練習しましたが、何にも出来そうにないので、難しいことはやめにして、シンプルなデザインを考えました。

      で、私が作ったのが下の写真。

      スイーツワークショップ

      「庭」みたいと言われましたw
      確かにそうかも。

      4時間半の講習はさすがにちょっと疲れました。しかし、ここに書いていないことも色々勉強になりました。パティシエさんの雑談的なお話が聞けますしね。

      次回は事前にブログでも案内出来ればと思いますので、みなさんも参加して下さい。
      ブログランキングに参加中! 人気ブログランキングへ クリック、おおきに。
      【2007.10.29 Monday 11:11】 author : 北原達馬
      | こんなイベントあります | comments(2) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        ブログランキングに参加中! 人気ブログランキングへ クリック、おおきに。
        【2016.06.04 Saturday 11:11】 author : スポンサードリンク
        | - | - | - |
        この記事に関するコメント
        素敵だと思います!
        僕はお皿に美しく線を描く事もままならないです・・・

        出来る技術の上であってもここまで素敵に出来るのは、
        センスが光っていますね!

        僕もパクりたい位です(笑)
        | ななし | 2010/01/14 6:05 PM |
        >ななしさん
        コメントを頂き、ありがとうございます。
        また、デコレーションをお褒め頂き恐縮です。
        ななしさんはケーキを作っておられるんでしょうか?
        お料理もそうですが、味だけではなく盛り付けや演出も見られるのでなかなか大変なことだと思います。
        私は実際に調理する機会はありませんが、見る目・センスを鍛える必要はあるので、いつも色々な物を気にして見ています。
        | kyoto-waka | 2010/01/14 6:14 PM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://kyoto-waka.jugem.jp/trackback/399
        トラックバック
        QRコード 当ブログは携帯でも見られます。左のQRコードを携帯電話で読みとって下さい。
        ※QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。

        LINEスタンプバナー オリジナルLINEスタンプ販売中