ado
旅館こうろ
京都の中心、交通便利な旅館こうろの公式HP。ネットで即時予約。

www.kohro.com

LINEスタンプ
若旦那オリジナルキャラのスタンプ販売中。その名も「最悪くん」。

スタンプID:1012712

 
 
旅館こうろの若旦那、フリーダイバー北原達馬のオフィシャルブログ
<< 看板の秘密 | main | ジュニア会? >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    ブログランキングに参加中! 人気ブログランキングへ クリック、おおきに。
    【2016.06.04 Saturday 】 author : スポンサードリンク
    | - | - | - |
    アマンリゾートが京都に
    0
      もう発表されてしばらく経ちますが、京都にアマンリゾーツが進出します。アマンリゾーツは、世界で最高級のリゾートホテルをいくつも経営しています。そのアマンが京都に「旅館」を作ります。
      京都は日本を代表する観光地でありながら、最高級のリゾートホテルはありませんでした(と言うと怒られるかもしれませんけど)。
      当館とはまったく競合しないので、こういう高級ホテルが出来るのも悪くないと思います。
      ただ、場所が問題です。アマンがどこにホテル(旅館)を建てるのか、正式には発表されていませんが、私は偶然にも知ることが出来ました。
      正直言ってあの場所が海外資本の手に渡り、いくら高級リゾートになるとは言え、手を加えられるのは非常に残念です。
      「2008年」と発表されていますが、それがオープン予定なのか、建設開始の予定なのかよく分かりません。少なくとも今現在、工事は始まっていません。

      どんな事になるやら。宿泊費は10万円程度になるらしいので、オープン後視察に行けるかどうかは分かりませんけど。気になります。
      ブログランキングに参加中! 人気ブログランキングへ クリック、おおきに。
      【2006.11.27 Monday 12:44】 author : 北原達馬
      | 京都の観光ご案内 | comments(30) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        ブログランキングに参加中! 人気ブログランキングへ クリック、おおきに。
        【2016.06.04 Saturday 12:44】 author : スポンサードリンク
        | - | - | - |
        この記事に関するコメント
        京都にリゾートホテルなんか要りません。

        何故なら京都は決してリゾート地ではなく、悠久の歴史と文化の街であり、全ての日本人の心の故郷なのですから。
        | シュウ | 2006/11/27 7:20 PM |
        そういば、京都には外資系の高級ホテルは有りませんでしたね。
        国際観光都市なのに珍しい。

        でも、自分はやはり旅館がいいなぁ。

        いくら豪華な部屋でも「旅情」を感じ、くつろげる場所の方が好きです。

        どうも、ビジネスホテルで京都に行くと感じが違うんだなぁ。。。
        | たか | 2006/11/28 12:08 AM |
        >シュウさん
        アマンのサービスは元々日本の旅館を手本にしていると言われています。そのアマンが、京都ではやはりホテルではなく旅館を作りたいというところに興味があります。

        観光経済新聞によれば、日本でホテルは35(?)年連続して増加しているそうですが、逆に旅館は22(?)年連続で減少しています(年数うろ覚えです。後で確かめます)。
        昨年も全都道府県で旅館は減少しました。京都でも目に見えて減っています。
        つまり京都が日本の故郷であるとして、そのなかの文化のひとつ、宿文化は旅館が担っているはずにも関わらず、日本人ですら旅館よりホテルを利用したいというのが現実です。
        この原因が何なのか、一概には言えませんが、旅館側にもハードの劣化、サービス低下など色々原因はあるはずです。

        そんな中、アマンが旅館という形態でチャレンジするということには当然興味を持ちます。
        無論どの程度「旅館」なのかは分かりませんけど、例えば接客係は京都の老舗旅館でも人材の確保・育成には大変苦労をしています。この点をどう解決するか等々。

        >たかさん
        ありがとうございます。たかさんのように旅館を希望して下さる方も、もちろんたくさんいらっしゃいます。
        正直に言うと旅館が旅館たるのもとても難しくなってきていますが、今の厳しい時期を乗り越えて、その後何が待っているのかもう少しがんばってみますw
        | kyoto-waka | 2006/11/28 11:33 AM |
        アマンが京都に…複雑な気持ちです
        少し前にブータンにオープンしたときには
        なるほど、そっち方面に出ましたか と、思いましたが
        とうとう京都ですか…

        若旦那さんはご存知のようですが場所がとても気になります

        | まま | 2006/11/28 11:54 AM |
        >ままさん
        とうとう京都ですねぇ。
        場所は何か商売をされていたり、公開しているようなお庭ではないので、仮に名前を言ってもほとんど誰もご存じないと思います。
        まだどうしてもお教えすることは出来ませんが、近いうちに公表されるでしょう。
        ところで名前は「アマンニワ」らしいですね。
        あんまりいい響きじゃないような・・・。
        | kyoto-waka | 2006/11/28 1:18 PM |
        しょうざんが身売りしたと聞きましたが違うのですか・
        | むー | 2007/02/10 12:20 AM |
        >むー様
        はじめまして、こんにちは。コメントありがとうございます。

        しょうざんさんが売却されたという話は聞いていないです。

        黙っているのも辛いので早く発表してくれればいいのに・・・。

        工事は始まっていないので2008年のオープンに間に合うのか?という感じです。発表されているとおり、庭を生かしてかなりシンプルな作りにするのかもしれません。

        しかし大きな問題が一つあります。京都市がホテル建設にOKを出すかどうかです。そういう土地なのです。
        | kyoto-waka | 2007/02/11 12:09 PM |
        はじめまして、みなさんこんにちは。
        京都アマンのマネージャークラスになるスタッフ(日本人)の方とたまたま話をする機会がありました。そこで得た最新情報をシェアしますね。
        1.場所は北の方で、もみじが数百本立っている山らしい。
        2.全20部屋(離れ式)の予定。
        3.自然を極力残すために、木や岩は移動させない。そのため、個々の部屋は従来のアマン以上に離れる可能性あり。
        4.リゾートの名前はまだ未定。
        5.アマンリゾートが予定通りにオープンしたためしがないので、京都も2008年より遅れるのでは?と予想していました。ただ、日本の建築会社なら大丈夫かも知れないとも言っていました。ということは、京都市の許可はOK?

        最後に個人的な感想ですが、アマングループのおもてなしは世界一です。京都らしい、すばらしい旅館タイプの施設ができると思います。また、アンコールワットのアマンサラのような、アマンオリジナル「京都ツアー」という企画も作るのではないか思います。
        京都の旅館業界全体のカンフル剤になると良いですね。
        | しげ | 2007/03/10 7:43 PM |
        >しげ様
        はじめまして、こんにちは。コメントありがとうございます。
        アマンの場所はいつになったら公表されるんでしょうね。

        私はあの場所にホテルを建設することについては納得出来ない部分があるので、早く発表してもらって議論がおこればと思います。
        アマングループが京都に進出すること自体は悪くありません。おっしゃるように、むしろいい刺激になるかもしれません。
        | kyoto-waka | 2007/03/12 6:03 PM |
        京都盆地北西部の金閣寺から約1キロ離れた
        「鷹峯」と呼ばれる地域で紅葉の名所として知られる

        一応リリースされましたね。
        | sage | 2007/05/04 10:02 AM |
        >sage様
        こんにちは。
        ついにそこまで発表されましたか。
        いまだに工事がはじまっていないので、やはり建設については京都市ともめているのかなぁと考えていたのですが、発表したってことはその辺も解決したのかも知れませんね。
        | kyoto-waka | 2007/05/04 10:54 AM |
        はじめまして。
        「アマン」「京都」で検索したらこのブログが一番最初に出てきました!!
        鷹峯がどうなるのか、私も少し心配です。
        | ナチトジ | 2007/06/18 6:03 AM |
        >ナチトジ様
        はじめまして(って別の記事で先に書いてしまいました)。

        このブログの記事、何かと検索上位に引っかかるんです。
        どうしてかな?

        アマン京都の建設はいまだに始まってません。来年オープンというのはかなり怪しくなってきました。やはり結局ホテル建設の申請が通らないんでしょうか・・・。通らないのがスジですけどね。もともと商業施設が建設出来ない土地だから低価格で売却されたんですから。
        | kyoto-waka | 2007/06/18 11:36 AM |
        はじめまして
        「アマン京都」について検索していてたどり着きました。
        アマンが京都に…興味津々ではありますが、何だか不思議な感じがします
        私のイメージではアマンは海辺の高級リゾートホテルなので
        そう思われている方も多いのでは?

        ところで、先日鷹峰の方へ出かける事があったのですが
        ホテルが建っている雰囲気が全然感じられなかったのですが
        もう建設は始まっているのでしょうか?
        2008年OPENならば少しは形が出来ていてもいいはず
        若旦那さん(とお呼びしてよいのでしょうか?)は場所を詳しくご存じのようですが
        私のいた場所が違ったのでしょうか、鷹峯源光庵や光悦寺がある付近ではありませんか?

        光悦寺、紅葉が屋根になっていて素敵でした。
        秋の紅葉時に訪れたなら壮観でしょうね。緑のままでも綺麗でした
        | ilse | 2007/09/11 1:20 PM |
        >ilse様
        はじめまして、こんにちは。コメントを頂いてありがとうございます。

        場所は源光庵さんの方面で間違いありませんが、ホテルと言っても大きな建物を建てる訳ではないと思いますので、建設中もそんなに目立たないのではないでしょうか。それにしてもいまだに工事が始まっている様子は無く、どうなっているのか分かりません。
        場所は絶対間違いないはずです、測量までは行われた形跡があります。

        すでに京都のアマンで就職が決まっているという人もおられましたし、アマンに入る京都の料理屋さんについても聞きました。計画は進行中のはずですが・・・。

        ところでもみじは緑でも綺麗ですよね。私は新緑の頃のもみじもとても好きです。
        | kyoto-waka | 2007/09/11 2:41 PM |
        失礼致します

        はじめまして
        アマンの件、聴くところによると
        京都市の方はOKが出たようですね
        大変興味がありますので情報ありましたら
        宜しくお願い致します
        | kevin | 2007/09/11 7:33 PM |
        若旦那様

        お返事ありがとうございます。
        アマンは大きな建物にはならないのですか
        だから京都市の許可がおりたのかも知れませんね
        平屋建てなのかな?なんて勝手に想像しています

        門前の緑に惹かれて思わず立ち寄ったんですよ光悦寺
        鷹峰源光庵へは時間がなくて行けなかったので
        もう一度、今度はもっとゆっくり訪れようと思ってます
        | ilse | 2007/09/12 5:41 PM |
        >kevin様
        はじめまして、こんにちは。
        そうですか、京都市のOKが出たならもう動き出すでしょうね。
        工事がはじまれば車両の出入りも激しくなると思いますので、すぐに分かるでしょうね。

        >ilse様
        こんにちは。
        これまでの情報(ここへ書き込んで下さった情報も含めて)によると、20棟ほどのコテージが建つのではないかと思われます。
        ただし、かなり高低差のある土地ですので、敷地内をどのように移動するのかと思います。特にお年寄りの方など、上まで歩いてのぼるのはおそらく無理です。車かカートのようなもので送り迎えするサービスを常に行わないといけないのでは?と思ったりしてるのですが・・・。

        源光庵さんは悟りの窓、迷いの窓で有名なお寺ですが、その他にもちょっと寒気のするエピソードのあるお寺ですね・・・。
        | kyoto-waka | 2007/09/13 11:28 AM |
        若旦那様

        私、寒気のするお話は大の苦手でございます。
        なのに怖いモノ見たさ(聞きたさ?)でお尋ねしますが
        一体どういったエピソードなのでしょう?
        差し支えなければ教えて下さい。

        実は鷹峰の方はアマンの件があって知ったのですが
        それがなければ光悦寺を知る事もなかったかと思うと
        アマンに感謝です。

        上の方への送り迎えのサービスですか
        アマンなら専用の車など用意してくれそうな気がします
        期待しすぎでしょうか…
        | ilse | 2007/09/13 5:26 PM |
        >ilse様
        寒気といっても、得体の知れないものではありません。
        関ヶ原の合戦前、西軍の伏見城攻城がありました。この時、伏見城を守備していたのは鳥居元忠を総大将とする1800名
        の兵士です。対して西軍は4万という大軍を差し向けています。この兵力差がありながら10日間以上持ちこたえたのですが、結局は敗北します。そして鳥居元忠以下数百名は伏見城 内で自刃しました。その時の城内が大変悲惨な状況であったことは容易に想像出来るかと思います。
        この兵士達の霊を慰め供養するべく、血にまみれた伏見城の廊下の板を、京都の5のお寺の天井に移しました。血天井と呼ばれています。
        このお寺の一つが源光庵です。他に宝泉院、正伝寺、養源院、興聖寺があります。

        天井には今でも生々しく手や足のをかたどった血痕が残っています。養源院にいたっては鳥居元忠のものと思われる顔の跡まで残っています。

        この様な戦いがあり、その様な時代があったという事が実感できるという意味の寒気です。
        | kyoto-waka | 2007/09/13 8:47 PM |
        はじめまして。こんにちわ。amanniwaの件について。アマンリゾート、世界11カ国ですでに18のリゾートが誕生していて、19番目が日本の京都となりました。アマンリゾートはなにも海辺のリゾートばかりでなく、ジョグジャカルタ・世界遺産ボロブドゥールのそばに建つアマンジヲのように、歴史ある古都にふさわしい「カルチュラル・リゾート」も手がけています。私は生まれも育ちも京都御苑のそばですが、今はバリ島に住んでいて、バリ島にある3つのアマンは全て行きました。そのうち泊まったのはアマンキラだけですが、たとえばプールそばのパブリック・トイレ一つにしても、足を踏み込んだだけで物語の中にいるような、キレイになった気分にさせてくれるのって、ちょっと他では知りません。そのアマンが19番目に京都をえらんでくれたのは、とても誇らしい気持ちです。もともと俵屋をお手本にアマンダリを創ったといいますから、アマンニワには創始者ゼッカーさんの強い気持ちがはいっていることと思います。私の母方の実家が京都ではありませんが老舗旅館なので、アマンニワで供されるであろうサービス・お部屋と庭・食事・食器・生け花・花器、アマンニワのロゴ、ゲストへのおみやげ、そしてアマンが京都で催してくれるアクティビティーにすごく興味があります。鷹峰の方は工事、進んでいるのでしょうか?また情報ありましたらおしえて下さい。よろしくお願いします。

        | yoyo | 2008/01/30 4:33 PM |
        〉yoyo様
        はじめまして。こんにちは。
        コメントを頂いてありがとうございます。

        私はまだアマンには行ったことがありません。このままだと最初のアマン体験が京都になりそうです。

        さて、工事の方は今だに始まっていないようです。後は市長が判子を押すのを待ってるだけとも聞きましたが、現市長が判子を押す前に市長選となってしまいました。市長が変わってどうなるのかです。
        今度の市長選には私と同い年の方が立候補しておられ、今後の京都を占う上でも大注目となっています。
        | kyoto-waka | 2008/01/31 6:46 AM |
        市長選なのですね。今日きいた話ではアマン側はすでに、現市長をジョグジャカルタのアマンジヲに連れてったそうです。
        | yoyo | 2008/01/31 5:36 PM |
        >yoyo様
        こんにちは。市長は視察に行ってるんですね。それは自然な話ですね。
        どうなるんでしょうね。あれこれ噂をしても結局我々は待つしかありません。
        | kyoto-waka | 2008/02/05 12:09 PM |
        はじめまして。お邪魔いたします。
        アマンリゾートの京都進出は気になっており、皆様のコメントを興味深く拝見させていただきました。
        すごい注目度ですね。今までこれほど注目されるラグジュアリー物件は、歴史的物件を除き、京都に存在しなかったということなのでしょうか。今後の動向が楽しみです。
        | tomoaki | 2008/04/14 12:51 PM |
        >tomoaki様
        はじめまして。こんにちは。コメントを頂いてありがとうございます。
        おっしゃる通り、京都にラグジュアリー物件は少ないです。一部あるようにも思いますが、その場合宗教団体がからんでいます。

        さて、アマン京都は結局前市長が判子を押さずに任期を終えられたので、またストップしているようです。白紙に戻ったとまでは思いませんが、前市長がぐずぐずしていたのにも何かしら理由があるのでしょう。今のところ工事は始まっていません。と言うことは今年度中の開業はどんどん怪しくなっていきますね。
        | kyoto-waka | 2008/04/14 6:11 PM |
        こんにちわ。はじめて書き込み致します。

        以前フィリピンのアマンプロを利用後すっかり気に入り、アマンの情報にアンテナを張っていたところ、なんと日本にアマンが!という話。。

        びっくり。日本でメジャーになってしまうアマンが少し悲しいわたくし達です。

        今後、他のアマンも経験したいと思っておりますが、京都のアマンへは行かないゾ><

        アマンファンの皆さんは賛成・残念どちらよりでいらしゃるのでしょうか・・

        でもすごく気になるので、完成のあかつきには偵察に行くでしょう^^
        ゲストじゃなくてもお茶出来るのでしょうか。。

        | syota | 2008/05/06 12:24 PM |
        >syota様
        はじめまして。こんにちは。コメントを頂いてありがとうございます。
        私はアマンには行ったことがないのですが、アマンファンのみんさんは京都に出来るからと言って毛嫌いする必要もないのではないかと思います。
        日本以外の方から見れば、他の国にあるアマン同様に「JAPAN」にアマンが出来ると言うだけのことですし。

        それにしても、何度も言っていますが、まだ工事がはじまりません。もう今年度も無理でしょうか・・・。
        | kyoto-waka | 2008/05/07 4:37 PM |
        ■京都市北区鷹峯地域に、新たな宿泊施設の建設が計画されていることが20日分かった。国内外の観光客らをターゲットにした高級旅館で、2014年5月にも着工し、15年9月の開業を目指す。
        2013年11月21日にこのような発表が有りましたが、気になります。アマンなのでしょうか...
        http://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20131121000018
        | harada | 2013/11/22 6:13 PM |
        harada 様

        コメントをいただき、ありがとうございます。
        お返事がおそくなり、申し訳ありまぜん。

        場所は間違いなく以前から噂を聞いていた場所ですし、開発事業者の名前も変わっていません。ただ、経営を委託するという外資系のホテル運営会社がアマンなのか、別のところに変わったのかは分かりません。

        土地の地目が山林だったのですが、これが申請により変更が認められたということなんでしょうか。記事を書いたのが2006年ですから、随分と時間がかかったものです。
        | kyoto-waka | 2014/01/02 5:15 PM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://kyoto-waka.jugem.jp/trackback/222
        トラックバック
        QRコード 当ブログは携帯でも見られます。左のQRコードを携帯電話で読みとって下さい。
        ※QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。

        LINEスタンプバナー オリジナルLINEスタンプ販売中