ado
旅館こうろ
京都の中心、交通便利な旅館こうろの公式HP。ネットで即時予約。

www.kohro.com

LINEスタンプ
若旦那オリジナルキャラのスタンプ販売中。その名も「最悪くん」。

スタンプID:1012712

 
 
旅館こうろの若旦那、フリーダイバー北原達馬のオフィシャルブログ
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    ブログランキングに参加中! 人気ブログランキングへ クリック、おおきに。
    【2016.06.04 Saturday 】 author : スポンサードリンク
    | - | - | - |
    早朝お花見散歩
    0
      今日は毎年恒例のお花見散歩に行ってきました。
      市内の桜(ソメイヨシノ)は日曜では今日が最も見ごろでしょう。

      上賀茂神社

      まずは上賀茂神社。すがすがしい空気の中、朝日に照らされて境内は暖かい色に染まっています。
      鳥居をくぐって左手はすでに5月5日の競馬会神事の準備がされていました(写真にある柵)。

      御所桜

      右を向くと見事な桜が植わっています。上賀茂神社、左の桜と右の桜と言っても良いであろう白と紅の枝垂桜です。

      上写真の白い桜は御所桜と言われ、すでに満開となっています。紅枝垂れ桜はまだまだ4〜5分程度の開花でした。

      上賀茂神社から賀茂川の土手へ出ます。
      毎年言ってますが、京都の桜ではここが一番好きです。もちろん醍醐寺とか、原谷苑なども圧巻ですし、寺社仏閣では桜と建造物とのコラボレーションもあるのですが、開放感とかすがすがしさでは賀茂川が最高です。


      雪柳と桜

      賀茂川は雪柳(下の小さな白い花)も結構あって、ちょうど桜と一緒に咲きます。
      下は雪柳、上は桜となります。

      御園橋

      上賀茂神社近くの御園橋から南へ下がっていくと、途中から両側に桜が咲くようになります。
      この桜のトンネルが素晴らしいです。写真は上賀茂橋から北方向を見ています。
      ここへ来るといつもアン(もちろん「赤毛のアン」のアン・シャーリーである)が名づけた「歓喜の白路」という名前を思い出します。実際の歓喜の白路はリンゴの花ですし、ここはアスファルトで路も白くはありませんけどね。
      ブログランキングに参加中! 人気ブログランキングへ クリック、おおきに。
      【2011.04.10 Sunday 14:13】 author : 北原達馬
      | 京都の観光ご案内 | comments(0) | trackbacks(0) |
      お花見に行こう
      0
         JUGEMテーマ:お花見&桜
        日々被災地の状況や福島の原発に関するニュースに耳を傾けており、一日も早い復興を願っておりますが、そんな状況をよそに京都の桜は満開に近づいております。

        特に日本人は大きな悲しみがあった時、それを共有するために「楽しい」、「うれしい」という感情表現をさけることを重んじます。自粛と言うものです。
        近頃では世間の人間関係が希薄になってきているなどと言いますが、この自粛という行為など正に日本人の強い共同体としての意識から湧き上がってくるものです。

        「一方が悲しんでいるのに、もう一方で楽しい・うれしいという感情を表現できない」という気持ちは思いやりや、やさしさから来ているもので、そういう気持ちを多くの日本人が持っていることは誇らしいと思います。

        ただし、行為として実際に様々な活動を自粛をすべきかどうかは、今回ちょっと考えなければなりません。

        すでに実感されているように、各地で経済活動が滞っており、特定の品物が手に入りにくくなったりしています。あらゆる産業が打撃を受けています。

        我々旅館もそうです。もともと観光産業などと言うものは、時間とお金があってはじめて活発になる産業です。つまりは世の中が平穏無事でないと成り立ちません。
        実際、被災地はもちろん、その周辺の観光地の観光産業は旅館を含めてほとんど稼働していません。その影響は西日本にも及んでおり、この一部は自粛傾向によるものです。
        同時に海外からのお客様はまったくなくなっている状況です。この時期は桜を目当てに京都にもたくさんの外国人観光客が訪れるはずでしたが、軒並みキャンセルとなっています。

        実は旅館業と言うのはみなさんが普段感じているより日本の産業にとって、とても大事なものです。
        旅館はその地域のたくさんの産業と結びついています。食材の仕入れは魚、肉、野菜、米、加工品、調味料などすべて。もちろん、アルコールやジュースなどの飲み物も。また、お土産物、浴衣、着物、伝統工芸品もあります。クリーニングや清掃などのサービスとも関係があります。観光客が減るという事はこれらすべてに影響があるのです。これは地方の大規模旅館になるほど地域との関係が強く、極端な場合一つの旅館がその地方の産業や雇用の大部分を占めていることもあります。

        旅館を含め、サービス業に従事する者は全体の7割とも言われます。このサービス業が自粛の影響を大きく受けます。

        今日も朝のテレビ番組で言っていましたが、今は、今回は自粛をする時ではありません。自粛の内容を考えましょう。まったくなんの経済活動とも結びつかない大騒ぎはやめればいいですが、消費に結びつくイベントはどんどん開催して、可能であれば義援金を集めるなどすればいいのです。

        個人の単位でもよく遊び、よく消費し、そしてよく働けば良いのです。
        お花見自粛の動きがありますが、これはやめましょう。東北のお酒、東北の食材を買ってお花見に出かけましょう。
        ブログランキングに参加中! 人気ブログランキングへ クリック、おおきに。
        【2011.04.06 Wednesday 10:47】 author : 北原達馬
        | 京都の観光ご案内 | comments(0) | trackbacks(0) |
        伏見ぶらり旅
        0
           先週の土日は毎年恒例、私と同じ趣味の仲間が集う新年会を開催しました。海つながりのお友達です。

          去年は大々的に開催し29名の参加者がありましたが、今年は7名。もう10年ほど続けていますが、一番少ないです。
          でも今年はそれでもいいやと思って、あまり声掛けはしませんでした。
          毎年にぎやかなのは良いのですが、あまりたくさん集まると、一人一人と話す時間は限られますからね。

          さて、土曜は旅館で宴会をして、日曜は京都をぶらぶらします。
          この京都ぶらぶら観光も10名以上になると毎年大変なのですが、今年は7名ではじまって昼には私を含めて男3名になっていたので、ちょっぴりさみしいですが機動力は抜群です。

          祗園でささっと昼食を済ませた後、京阪電車に乗って伏見へ行きました。
          中書島駅で降りて、徒歩5分。大倉記念館へ行きました。
          伏見と言えばお酒の町。大倉記念館は月桂冠の酒蔵で、今は日本酒に関する展示や物産の販売を行っておられます。
          実は以前にここへ案内した時、私がハンドルキーパーだったのでお酒を全然飲めなかったのです。

          私はアルコールには弱くて、普段お酒はほとんど飲まないのですが、何が好きかと言われれば日本酒なのです。
          その日本酒を飲めるようになったのは最初に大倉記念館を見学に来た際に利き酒をしたのがきっかけです。
          日本酒は間違いなく美味しいです。お酒をよく飲む方でも日本酒が苦手だという方がいらっしゃいますが、きっと最初に「間違った日本酒(?)」を飲まれたんだと思います。
          もし最初に飲んだ日本酒が、混ぜ物がしてあるもので熱燗で飲んだりしたらたぶん最悪の印象になるでしょう。

          で、次に伏見に来るときは日本酒を飲むんだ!と思っていたので、いわばリベンジに訪れたわけです。

          大倉記念館を見学した後、月桂冠の元本社で今は伏見夢百衆という売店&喫茶になっている建物へ入りました。ここの喫茶で利き酒セットをいただくためです。

          伏見利き酒

          三種類の日本酒とお漬物がセットになって750円。3人で別々のセットを頼んだので9種類の日本酒を試せました。

          どの日本酒もそれぞれ特徴があって面白いです。でもそうそう覚えられるものではありません。また、私は日本酒が好きと言っても辛口、甘口がいまだによく分かりません。でも好きなのは辛口のようです。

          一緒に食べた日本酒カステラもしっとりしていてとても美味しかったです。

          カッパカントリー

          かなりのんびり過ごした後、さらにキザクラカッパカントリーへ。ここはカッパのキャラクターで知られる黄桜さんの施設です。ここでも日本酒をショット売りされていて1杯100円で飲むことが出来ます。
          またかなり感じの良い酒蔵を改装したレストランも併設されています。
          そろそろお腹もすいてきたのですが、このあたりでは有名な「鳥せい本店」に行きたかったので、黄桜さんのレストランは次回にすることに。

          「鳥せい」さんへ入るとまだ17時半にも関わらず、すでに空席待ちのお客さんがずらり。
          1時間待ちだと言われました。ここまで人気だとは。

          あきらめて、以前訪れたことのある「月の蔵人」へ。ここはお豆腐が美味しかった印象があります。美味しい日本酒とお豆腐に共通するのは良質な水です。伏見は伏水とも言われ昔から良質な地下水が豊富だったため、酒造りの地として栄えているのです。

          いい加減お酒には疲れてきたので私はウーロン茶に切り替え、食事を楽しみました。豆腐はやはりかなり美味しかったです。その他のお料理も美味しいですし、何より調理が早いので驚きました。

          すっかり半日伏見を満喫し、男3人ぶらり旅は京都駅で解散終了となりました。
          この日は日中暖かくて助かりました。ちなみに私は1日中着物でした。
          ブログランキングに参加中! 人気ブログランキングへ クリック、おおきに。
          【2011.01.12 Wednesday 11:25】 author : 北原達馬
          | 京都の観光ご案内 | comments(0) | trackbacks(0) |
          三条通、アーケードの秘密
          0
            先日、ふと三条通のアーケードを見上げて突然気が付いたことがあります。長年知っているこの場所で、何故今まで気が付かなかったのかと思いますが「こんなの気が付くわけない!」とも思います。

            アーケードの秘密
            アーケードを下から見上げた写真です。 金属の板が張ってあります。よく見ると何やら模様が入っていたのです。しかもかなり細かく凝った模様です。たくさんのバリエーションがあります。 じっと見ると・・・これ、家紋じゃないでしょうか?

            拡大
            上の写真の黄色い枠の部分を拡大してみました。そおらく家紋だと思います。これだけ見ているとなにやら遺跡みたいにも思えます。

            こんなところにお金かけて。

            何人知っているんでしょうか。

            ブログランキングに参加中! 人気ブログランキングへ クリック、おおきに。
            【2009.06.22 Monday 19:18】 author : 北原達馬
            | 京都の観光ご案内 | comments(0) | trackbacks(0) |
            安産祈願
            0
              JUGEMテーマ:京都

              昨日は安産祈願のため、伏見の御香宮(ごこうのみや)神社に行ってきました。
              と言っても私に子供が出来る訳じゃありませんよ。私の友人夫妻のためです。京都で安産祈願と言えば最初に思い浮かんだのは「わら天神」さんだったのですが、よくよく調べてみると御香宮さんも強力な(?)御利益があるようで、久しぶりに訪れてみることにしました。


              御香宮さんの主祭神は日本第一安産守護大神とされる神功皇后です。御香水というお水で有名で、私も御香宮神社と言えばそのことしか頭にありませんでした。もともと伏見は良いお水が出る地域で、その為酒造りも盛んです。御香宮の境内に湧く御香水も伏見の七名水のひとつです。


              このようにお水が湧いており、自由に飲むことが出来ます。


              境内は結構広く、摂社もたくさんあるようです。上の写真のように、能舞台なんかがあったりもします。昨日は時間もなかったので本殿で参拝して、お守りを頂いただけで、隅々まで見学することは出来ませんでした。お庭は小堀遠州に縁があるらしいので見てみたかったんですが。



              安産祈願のお守り。綺麗な薄いピンク色のお守りでした。


              ブログランキングに参加中! 人気ブログランキングへ クリック、おおきに。
              【2009.05.29 Friday 12:34】 author : 北原達馬
              | 京都の観光ご案内 | comments(2) | trackbacks(0) |
              観光客5000万人突破!?
              0
                JUGEMテーマ:京都

                京都市の観光客5000万人構想が、予定より2年早く、2008年に達成されたことが分かったようです。

                京都で宿泊施設を経営していても本当か?と思うような数字です。確かに京都の観光業はここしばらく好調でした。それは当館の経営状況にも現れています。それにしたって、5000万人という数字は半端ではありません。単純に言えば日本人の二人に一人くらいは京都を訪れているということになります。1年間で、です。

                しかし、5000万人のお客様のうち、宿泊までしている方は大体4分の1くらいです。
                今後5000万人という分母がさらに大幅に増えると言うことにはあまり期待しない方がいいと思っています。お越しになった方が満足して帰って頂ける町、また来たいと思える町になるよう、交通やサービスの面でのレベルアップを町ぐるみで考えていかなければなりません。
                宿泊業会はいつもそう言った議論の蚊帳の外なので(要するになめられている)、業界の地位向上、そのための内部の質の向上を目指していきたいものです。

                ブログランキングに参加中! 人気ブログランキングへ クリック、おおきに。
                【2009.05.13 Wednesday 14:40】 author : 北原達馬
                | 京都の観光ご案内 | comments(2) | trackbacks(0) |
                お花見散歩
                0
                  JUGEMテーマ:お花見&桜

                  ここ数日はようやく春らしいというか、春を通り越したような陽気が続いており、上賀茂の桜も見頃を迎えています。
                  毎年この時期は1度は早起きをして賀茂川を散歩しながら桜を見て歩きます。今日は朝の6時から歩いてきました。
                  カメラを構えて行きました。折角なので少し大きな画像をアップしています。写真をクリックして拡大して下さい。

                  まずは北山橋へ出ました。


                  北山橋から北を眺めた様子です。特に東側の土手には桜並木が続いています。


                  ソメイヨシノのアップです。土手の斜面に植わっている桜は手が届く高さです。


                  朝のお散歩をされている方はたくさんいらっしゃいます。お散歩には最高の時期です。


                  何度か紹介していますが、ここが上賀茂橋と御園橋の間、圧巻のポイントです。


                  こんな所を通って通勤、通学される方は毎日気持ちがいいでしょうね。


                  御園橋から南側を眺めた様子。京都と言えば寺社仏閣、文化財のイメージかもしれませんが、私の最も好きな風景のひとつは賀茂川からの眺めです。


                  上賀茂神社にも立ち寄りました。紅枝垂れはまだ5分咲きでした。
                  ブログランキングに参加中! 人気ブログランキングへ クリック、おおきに。
                  【2009.04.09 Thursday 12:23】 author : 北原達馬
                  | 京都の観光ご案内 | comments(2) | trackbacks(0) |
                  で、桜はどうか?
                  0
                    JUGEMテーマ:お花見&桜

                    さて、その後京都の桜はどうなっているかと申しますと、今日現在で市内中心部は満開と言って差し支えないかと思います。
                    当初4月までに咲いてしまうのではないかという予想もありましたが結局ずいぶん時間がかかりました。

                    さらに市内でもちょっと北側にいけばまだまだこれからと言った状態です。例年綺麗に咲くことで知られる賀茂川沿いの出町柳付近の桜はまだ8分〜9分といったところです。ただし、一部の桜ではすでに葉が出ていました。これだけ気温が上がったり下がったりすれば綺麗に咲きそろわないというものです。

                    これはちょっと不安ですね。最近は紅葉の季節も気候が安定せず、色付きが悪い年がありますが、春の桜もこれ以上変な気候になると満開になる前から散ってしまうとか、てんでばらばらに咲いてしまうとか言ったことが起こってしまうのではないかと言う不安です。

                    出町柳の桜1
                    出町柳付近の桜です。

                    出町柳の桜2


                    私が以前におすすめした上賀茂、御園橋付近の桜はまだ6分ほどの開花状況です。それにしてもやはり賀茂川沿の河川敷は大変気持ちよく、桜も綺麗なスポットです。特に葵橋以北。大文字山も綺麗に見えますし、手前には下鴨神社の糺ノ森の緑も見えます。これと行った高い建物もありませんので川の流れ、桜、こんもりとした緑、すこし霞んでで見える大文字山とコンパクトに中身の濃いを眺めが拡がっています。
                    ブログランキングに参加中! 人気ブログランキングへ クリック、おおきに。
                    【2009.04.06 Monday 13:21】 author : 北原達馬
                    | 京都の観光ご案内 | comments(2) | trackbacks(0) |
                    旧有栖川宮邸の桜
                    0
                      JUGEMテーマ:お花見&桜

                      私の通勤経路の途中に見られる桜の中で、毎年真っ先に満開になるのが京都御所の西側にある「旧有栖川宮邸」の枝垂れ桜です。

                      旧有栖川宮邸
                      大変立派な桜です。もう満開近くになっていました。ただ、この旧有栖川宮邸については良く知らないのですが、中に入れる様子はなく、いつも前を通るときに車の窓から見ているだけです。
                      でも桜の手入れはしっかりされています。今日は珍しく門も開いており、若干中の庭も見えていました。

                      ここの桜は毎年開花が早いのですが、葵橋より北の賀茂川沿いの桜(山桜、染井吉野)はまだまだこれからの様子でした。


                      ブログランキングに参加中! 人気ブログランキングへ クリック、おおきに。
                      【2009.03.23 Monday 13:27】 author : 北原達馬
                      | 京都の観光ご案内 | comments(3) | trackbacks(0) |
                      さくら、サクラ、桜
                      0
                        JUGEMテーマ:お花見&桜

                        桜の季節がやってきましたね。京都では早くも19日に開花宣言。東京も昨日開花したみたいですね。
                        京都の方は19日のように突然暑くなったり、また寒くなったりと、人間も体調を崩しかねない変な気候が続いておりますので、この先の桜の見頃がどうなるのかイマイチ読めません。

                        しかし例年よりソメイヨシノの満開が早くなるのはほぼ間違いなさそうで、おそらくあと1週間から10日ほどでしょう。ただし、京都は北の山側と南側ではかなり気候に差がありますので、町中の桜が満開になってから大原方面では恐らく1週間は遅れて見頃を迎えるのではないでしょうか。

                        ソメイヨシノに遅れること10日ほどで今度は紅枝垂れ桜が見頃となります。紅枝垂れ桜の名所は何と言っても「原谷苑」。のんびりお散歩なら賀茂川沿いの半木(なからぎ)の道がおすすめです。

                        以前にもこのブログでご紹介しましたが、公共のソメイヨシノのスポットとして私が一番好きなのは賀茂川の東側の土手で上賀茂橋から御園橋の間です。狭い道の両側に咲く桜でトンネルの様になっています。私の憧れ、PEIの歓喜の白路にイメージが重なります。みなさん、行かないで下さいw

                        賀茂川

                        原谷苑は満開時は入園料が1500円とかなり高くなりますが、それでも納得せざるを得ない素晴らしさです。日本人の思い描く「極楽」に近いイメージです。私はいつも日帰りのお客さんが帰り出す閉園前を狙って行きます。

                        原谷


                        半木の道は先ほどの賀茂川沿いと同じ場所で、北山橋から南の部分になります。この一帯だけソメイヨシノではなく、紅枝垂れ桜が植えられています。賀茂川の土手はとにかく人手の少ない早朝がおすすめです。

                        あと、お寺の中にある桜では醍醐寺の枝垂れ桜が半端じゃなくすごいです。
                        ブログランキングに参加中! 人気ブログランキングへ クリック、おおきに。
                        【2009.03.22 Sunday 14:06】 author : 北原達馬
                        | 京都の観光ご案内 | comments(2) | trackbacks(0) |
                        QRコード 当ブログは携帯でも見られます。左のQRコードを携帯電話で読みとって下さい。
                        ※QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。

                        LINEスタンプバナー オリジナルLINEスタンプ販売中